ブログトップ

木蔭のアムゼル

グーテンターク♪ ドイツの風を感じていただけたら、嬉しいな


by honeyfire

Let's go to Mt. Teide 1

1週間車を借りて、色んな場所を巡りました。今回の車はシトロエン。馬力があまり高くない車なので、借りた第1日目に急な坂を上る際に何か燃えるような臭気を発して焦りましたが、どうにかこうにかトラブル無く無事に色んな場所へと運んでくれました。

c0229584_16414250.jpg


まずはテイデ山に向かうことにしました。滞在地からは100kmあまりの距離です。山道を蛇行して上って行ったので、長くかかったように感じましたが、途中の景色は素晴らしかったです。上って行く途中、辺りは爽快な気を発していました。閉め切った車の中に座ってても、それが伝わってくるんですよね。進んで行く内に何だか快い温泉に浸かってるような気持良さでした。上って行く途中見下ろしたプエルト⋅デ⋅ラ⋅クルーズの眺めが綺麗でした。車の窓からさっと撮ってるので、写り映えはあまりよくありませんが。

c0229584_16433243.jpg


テイデ山が見えてきました。わくわくしてくる瞬間。

c0229584_16441528.jpg


下の写真は他日に写したので、白い雲が浮かんでて、上のとは空の情景が違ってますがあしからず。テイデ山に近づいて行けば行く程辺りの景色は荒涼としてきます。テイデという名前はカナリア諸島の先住民グアンチェ族の言葉でエチェイデ(地獄)から来てるそうです。先住民にとってはテイデ周辺は禁忌の場所と見なされていたというのも、辺りの荒涼とした景色を見ていると分かります。グアンチェ族にとってはテイデは恐山のような存在だったのかな。山から伝わってくるフィーリング自体は優しいものですけどね。

c0229584_1645667.jpg


c0229584_1646224.jpg


c0229584_16464290.jpg


この辺りはもう雲の上になることがよくあります。前回テネリファ島にやってきた時、島に近づいてきた時に、むくむくと真っ白な雲海からテイデ山の先端がにょっきりと突き出してるのが見えました。テイデ山の標高2356mの地点にロープウエイのステーションがあって、山頂近くまで約1200mを7分で運んでくれるそうです。夫がどうしても乗りたそうにしてたけど、高所恐怖症の私は断固として拒否。上った人の記事を読んでみたら、山頂から島を一望できて、とっても素晴らしい眺めだそうだけど、上は空気が薄いので、やっぱり健康な人でも、息苦しくなったり動悸がしたりするそうです。

この写真をブログにアップする為に前夜準備してた為か、でっかい山の斜面のようなところに取り付けられた巨大なジェットコースターにやや強引に乗せられて、まずは急降下そして上昇し、でんぐりがえる夢を見たではありませんか(笑)

それにしても、こんなロープウエイの工事、どうやってしたんだろう。

c0229584_16482969.jpg


c0229584_16484421.jpg

[PR]
by honeyfire | 2013-01-17 16:38 | 旅(国外)