ブログトップ

木蔭のアムゼル

グーテンターク♪ ドイツの風を感じていただけたら、嬉しいな


by honeyfire

LE GRAND VOYAGE



久々に気に入った映画の紹介でもしてみましょう。派手なハリウッド映画よりもヨーロッパのしみじみとした落ち着いた味わいのある映画が好きなのですが、今回紹介する映画は2004年に製作されたフランス/モロッコ映画『le Grand Voyage』(大いなる旅)。監督はモロッコ系フランス人イスマエル⋅フェルーキ。この作品はヴェネチア映画祭でも賞をとっています。

フランスに住むモロッコ系移民の親子の世代ギャップ、敬虔なイスラムの信者である移民一世と西欧カルチャーの中で生まれ育った二世間の価値観の違い。そのギャップのある親子が共にフランスからイスラム教徒の聖地サウジアラビアのメッカへと目指した長い道程の巡礼の旅を車で行くことになって、途中色んな出会いや体験を通して正反対の父親と息子が心を通わせて行く過程が淡々と描かれていて、人間味溢れた完成度の高いロードムービーでした。作品に流れているテーマ曲の旋律も美しい。主役を演じている二人の俳優も実にいい。見終わった後は静謐な余韻が残って、まるで一編の極上のリリックを味わったような感覚を持ちました。

ストーリー

フランスで生まれ育ったモロッコ系移民の青年レダはある日家に帰って来ると、死ぬまでに一度イスラム教徒の聖地メッカに巡礼に行きたいと願っている老いた父親からメッカへの巡礼に同行するようにと言いつけられた。最初はレダの兄に車を運転させてメッカまで行く予定だったのが、兄が信号無視で免許取り消しとなって、運転の役回りがレダにまわってきたのだった。レダは学校の期末試験も控えてるし、ガールフレンドとも離れたくない、それで何でこの長い道程をわざわざ車で行く必要があるのか、飛行機で行けばいいのにと抵抗するが、父親は聖地への旅の過程に意味があると車で行くのだと頑として譲らない。それで渋々と引き受けて、兄のおんぼろ車を運転して、二人はフランスからスロベニア、クロアチア、セルビア、ブルガリア、トルコ、シリア、ヨルダン、そして遥か遠いサウジアラビアのメッカまで5千キロの道程を目指す。

おんぼろ車はただひたすらに走る。最初車の中で親子の間に会話は無い。レダは途中立ち寄る国々で観光をしてみたいと思っているが、父親はあくまで巡礼が目的であって観光する時間なぞないと一点張り。携帯を見ながらいつもガールフレンドからの連絡をそわそわと気にしているレダの様子を見て、父親はレダが眠り込んでいる間に携帯をゴミ箱へ捨ててしまう。

二人の間に色々意見が食い違って衝突するも、途中妙な得体の知れない不気味な老女を乗せてしまう羽目になったり、道に迷って雪深い山道で一泊した為に父親が高熱を出して入院したり、トルコでは入国する時に困っていた二人を助けてくれた男から親切な男だと思っていたのに旅行資金を全部盗まれてしまったりと、途上の色んな出会いやハプニングを通して、父親と息子は次第に意識のギャップを超えて情が通い合い接近して行く。父親はこの旅から多くを学んだと言い、息子もそれまで反発していた伝統的価値観に忠実な父親のことを理解するようになってくる。仄かながら自分のルーツが感じられるようになってくる。フランスからメッカまでの長い道程を共に辿っている内にお互いに重なって行く二人の心情の動きが淡々と流れるように繊細に描かれている素晴らしい作品でした。

そしてネタバレになってしまうけど、二人は紆余曲折を経てやっとメッカに到着するのだけど、息子をキャンプ地に置いて、父親は巡礼者用の白衣を身に纏って聖地へとその為のバスに乗って他の信者と共に赴いて行く。でも暗くなっても父親は戻って来ない。聖地から戻って来るバスが何台到着しても、降りて来る父親の姿は見えない。心配しきったレダはやがて父親が巡礼中に亡くなったことを知るのだが。。。ラストのシーン、父親を急に失って悲しみに暮れるレダは車を売った金で飛行機のチケットを買いフランスに戻ることになるのだけど、空港に向かうタクシーの窓を開け、空を見上げ手を伸ばして巡礼地の空気を感じ取るように味わっている、その空気の中に父親の存在をなつかしげに慕っている主人公の顔がとても印象に残ったラストシーンでした。
[PR]
by honeyfire | 2013-02-15 01:54 | 音楽、映画等